ニードル脱毛(針脱毛)は脱毛効果は抜群

永久脱毛といえばニードル脱毛と言われていた1980年代は確かに永久脱毛の主流となっていた脱毛方法です。確実に脱毛できるということで人気を博していたのですが、反面デメリットもたくさんあります。ニードル脱毛とはブローブという細い針を一つ一つの毛穴に順番に差し込んで微弱電流を10〜20秒流し、発毛組織を電気の熱によって凝固するというものです。針を刺す痛みを伴い、中断する人も多くあります。医療機関では麻酔を使い痛みをとることができますがエステサロンでは麻酔が使えずそれが双方の差になっていました。

 

現在ではフラッシュ脱毛やレーザー脱毛という脱毛方が主流になりつつあり、ニードル脱毛に比べると痛みも軽度でしかも効率的に脱毛できます。
脱毛をするのにニードル脱毛を選ぶメリットが少なくなってきています。

 

ただし光やレーザーを使用できない部分の部分脱毛には適しているでしょう。例えばバストトップ周囲ぎりぎりの所の脱毛、色素沈着している場所やほくろから生えている毛の脱毛、埋没毛等々です。痛みに対しては美容外科など医療機関で行えば麻酔を使用することができ、クリアできるでしょう。

 

永久脱毛の効果に関して言えばフラッシュ脱毛、レーザー機器を使用しての脱毛もかなり効果的になってきていまが、その効果面だけを取り上げればニードル脱毛が場所や毛の色を選ばず完全に脱毛できるという点では優位にたっているでしょう。しかし、一つ一つの毛穴にアプローチしていくので他の脱毛に比べ数倍から数十倍の時間がかかり、したがって費用も高くなってきます。

 

ミュゼ安城は痛みの少ない光脱毛です。

ニードル脱毛(針脱毛)は脱毛効果は抜群関連ページ

ワックス脱毛で脱毛することのメリット
ワックス脱毛で脱毛することのメリットに関して掲載しています。